シットとは?意味や使い方を解説!【ラップ用語・HIPHOP用語】

この記事では、ヒップホップにおいて多用される用語「shit/シット」について解説します!

よく出てくるワードなので、要チェック!

 

shit/シットの意味

 

shit/シットは元々は文字通りの「う〇こ」を指し、

そこから転じて「くそったれ」「やっちまった!」といった意味になります。

 

shit/シットの使い方

 

shit/シットはHIPHOP用語でもありますが、英語圏では広く使われているスラングでもあります。

映画なんかでも耳にする機会は多いですね。

 

ただ基本的には悪い意味以外には使わない汚いワードなので、外国人の方の前では特に、使用を控えましょう。笑

(っていうか使ったらダメです、念のため。笑)

 

使い方としては、望まない状況が起こったり進行したりしている時に

「shit!」と叫んだりつぶやいたりする感じです。

 

Creepy Nutsの「メジャーデビュー指南」という曲のサビ部分でも「shit/シット」が使われています。

created by Rinker
¥250 (2019/07/21 10:59:15時点 Amazon調べ-詳細)

 

「いい感じ めちゃいい感じ それが一般人のHIPHOP shit!」と歌っています。

 

意味としては、

何の思想や深みもなく、「ただ盛り上がれればそれでいいじゃん」「チェケラッチョって言っときゃいいんだろ?」っていうのが大衆のHIPHOP観。

その程度が関の山だろ?クソが!

 

くらいの感じでしょうか。

かなり意訳(?)してますが。笑

 

R指定はにわか(つまりHIPHOPに対して少なからず興味を持っている人)に対してはウェルカムなマインドですが、

ファッションとして聴いている人や、そもそもHIPHOPを舐めているような人に対しての怒りは、キャリアを通じてずっと持っている人です。

 

この箇所に関しては、マジで怒っているというわけではなく、どちらかと言えば皮肉や諦念のニュアンスの方が強いかなと思いますが、

いずれにせよ一般人のHIPHOP観をよく思っていないということが「shit/シット」という一言でわかります。

 

こんなめちゃくちゃキャッチーで盛り上がること必至な曲のサビにそういうフレーズを忍ばせていることが、

より一層皮肉が効いていて素敵です。

 

まとめ

 

以上、shit/シットについての解説でした。

ラップは、怒りや不満を表現する手段という側面もありますから、自ずとこういうワードが使われる機会が多くなります。

 

その中でもshit/シットはかなり頻出のワードなので、覚えておきましょう!

お読み頂きありがとうございました!

 

ラップ用語・HIPHOP用語の意味や使い方の解説記事まとめ!【随時更新】

2017.09.27

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA