ill/イルとは?意味や使い方を解説!【ラップ用語・HIPHOP用語】

この記事では、ヒップホップにおいて多用される用語「ill/イル」について解説します!

コンスタントにずっと使われ続けている表現で、めっちゃよく出てくるので、要チェック!

 

ill/イルとは?意味を解説

 

ill/イルの英単語としての元々の意味は、「病気」「病的」「病んでいる状態」といったものが該当しますが、

HIPHOPで使われる場合はそうではなく、(病的に)最高、イケてる、クールといった意味になります。

 

基本的にマイナスの意味で使われることはなく、

全く真逆の意味になっているとも言えるわけですが、英語ってそういう表現が多いような気もします。

 

Michael Jackson/マイケル・ジャクソンの代表曲に「Bad」という曲がありますが、

「Bad」は「悪い」「ダメ」といった本来の意味ではなく、そこから反転して「セクシー」とか「かっこいい」という超プラスの意味を表しています。

BAD

created by Rinker
¥2,138 (2019/09/20 18:35:07時点 Amazon調べ-詳細)

 

英語だけでなく、日本語でもそういうケースはよくあると言えるかもしれません。

「ヤバい」だって元々はマイナスの意味しか無かったはずですし!

 

illの使い方

 

「(自分は)ill/イルなMC」「(自分の)ill/イルなスキル」などと自賛するような使い方が多いです。

無くはないかもしれませんが、相手を讃えるようなケースで「ill/イル」が使われているのはあまりお目にかかったことがないです。

 

「ill/イル」が使われている楽曲は山ほどありますが、1番最初に頭に浮かんだやつをご紹介しておきます。

Rhymester/ライムスターの名曲「This Y’all That Y’all」です。

created by Rinker
¥2,100 (2019/09/20 18:45:49時点 Amazon調べ-詳細)

 

上でご紹介した用例とほぼそのまんまの「イルなスキル持つトリオ」というフレーズをラップしています。

0:57~くらいのMummy-Dの部分。

 

まとめ

 

HIPHOP用語の中には

  • 「昔はよく使われていたけど今はあんまり、、」
  • 「今使うとむしろダサく映る」

というものもありますが、

その点「ill/イル」は物凄く息の長いワードだなと感じます。

 

今後も引き続き多用されるであろうワードなので、覚えておいてくださいね!

お読み頂きありがとうございました!

 

ラップ用語・HIPHOP用語の意味や使い方の解説記事まとめ!【随時更新】

2017.09.27

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA