俳優のウィル・スミスがラッパー復帰!プロフィール・おすすめ曲・ラップスタイルをご紹介!

アメリカの俳優・Will Smith/ウィル・スミス氏。

世界的にも超有名な俳優で、誰でも一度は名前を聞いたことがあるのではないでしょうか。

 

そんな彼が先日、ラッパーに復帰することが発表されました。

 

プロフィール

 

「ウィル・スミスがラッパー?」と思われる方もいらっしゃるかと思いますが、

「復帰」と書いた通り、彼は元々ラッパーなのです。

 

もちろん、俳優がお遊びで片手間にやるラッパー、、ではなく、

ウィル・スミスは元々ラッパーとして名を上げながら、映画の世界にも進出していった人なんですね。

ラッパーとしての活動はここ15年くらいほぼ行っていなかったですから、

彼がラッパーだと言われてもピンと来ない方がいるのも無理はないのですが!

 

俳優としてあまりに大成功してしまったため、ラッパーとしてのウィル・スミスがフィーチャーされることは年々少なくなっています。

ですが、ラッパーとしても大きな成功を収めた人ですし、実際ラップも非常にクールです!

 

また、サッカー元日本代表の本田圭佑氏と、110億円相当のベンチャーファンドを立ち上げることが発表されるなど、

彼自身のモードがかなり変わってきたのが2018年!

 

ラップスタイル

 

ウィル・スミスのラップスタイルは、良い意味で非常に王道的。

 

ラップの内容は「俺すげー」とか「超モテモテ」とか、9割方そんな感じですが、笑

ある意味それも非常にアメリカン・ヒップホップ的。

 

ラップやサウンドに関しては、

様々なラッパーがフローやトラックに対して研究を重ねた現在となっては、目新しさは無いです。

 

ただ、個人的には、複雑で斬新なアプローチこそが至高であるとも思いません。

むしろ、これからラップを知っていこうという人にとっては、フローもライムも手堅いウィル・スミスのようなラッパーの方が、

ラップの気持ちよさを直感的に感じられるのではないかと思います!

改めて聴きかえしてみても、ウィル・スミスのラップは

日本人ラッパーに対してもけっこう影響を与えたのではないかなと思います。

 

おすすめ曲

 

Men In Black

 

ウィル・スミスの出世作となった大ヒット映画の同名タイトルナンバー。

 

Summertime

 

「The Fresh Prince/ザ・フレッシュ・プリンス」というのは、ウィル・スミスのラッパーとしての別名義です。

 

Will 2K

 

ウィルの楽曲として特別有名な曲ではありませんが、

個人的にこの軽薄さもHIPHOPの魅力の1つだと思っていて、好きなナンバーです!

 

まとめ

 

以上、ウィル・スミスについてお送りしました!

僕自身、一時期非常によく聴いていましたので、今回の復帰発表には驚きました。

もうラッパーとしては活動しないと思っていたので!

 

復帰するということは、楽曲制作も視野に入れてのことだと思われますので、今から楽しみです!

お読み頂きありがとうございました!

 

 

★ウィル・スミス主演の映画「メンインブラック3」「アイ・アム・レジェンド」「インディペンデンス・デイ」が見れる動画配信サービス Hulu ★

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA