ヘッズとは?意味や使い方を解説!【ラップ用語・HIPHOP用語】

この記事では、ヒップホップにおいて多用される用語「heads/ヘッズ」について解説します!

どのラッパーでも1曲くらいはこのワードを含んだ曲があるのでは?と思えるくらい頻出ですので、要チェック!

 

ヘッズとは?意味を解説!

 

heads/ヘッズの意味は、「HIPHOPに熱中している人」くらいの意味で、

平たく言えば「HIPHOPファン」のことですね。

 

おそらく厳密に言えば「HIPHOP・ラップという音楽ジャンルに対するファン」という意味ですが、

各ラッパーやグループそれぞれに付いているファンのことをheads/ヘッズと呼ぶことも増えているように思います。

 

フリースタイルバトルでは、バトルヘッズという言い方もしますね。

 

heads/ヘッズの語源

 

最初にお断りしておくと、正直僕も語源の詳しいところは分からないです。

 

headという英単語の解釈はむちゃくちゃ色々ありますが、

HIPHOP・ラップ用語のheadsの意味に直接繋がるようなものは無いように思えます。

 

headsは「head」の複数形なので、

ライブなどで曲に合わせて頭を動かしたり揺らしたりしている様子から

定義付けされていったんだとは思いますが、断言はできません。笑

headには、頭数=人(の数)という意味合いはあるので、

ファン(の数)っていう感じに捉えるのが1番自然かなと思います。

 

heads/ヘッズの使い方

 

heads/ヘッズの使い方はある意味そのままで、

「ファン」をそのまま置き換えて使われていると思ってもらえれば良いと思います。

 

具体的な例を1つ挙げておきますと、この用語解説コーナーではお馴染みの韻踏合組合の「一網打尽」。

created by Rinker
¥310 (2019/07/19 07:03:46時点 Amazon調べ-詳細)

 

1:55~くらいからのERONEのヴァースにheads/ヘッズが出てきます。

「ヘッズもキッズもビッチもリッチも フェイムもフェイクもヘイトも全部捕えてしまう」というライン。

 

意味としては「ファンはもちろん、どんな人種であろうが関係なしに俺らの虜にさせてしまう」って感じですね。

10秒ほどの超短い尺で自分の色を出し、サビに上手く繋げるERONEは流石です。

 

エローン/Erone(ラッパー)のWiki風プロフィール!身長は何cm?

2017.06.07

verse/ヴァースとは?意味や使い方を解説!【ラップ用語・HIPHOP用語】

2018.01.13

 

まとめ

 

10年前くらいからheads/ヘッズというワードを耳にすることが増え、

近年では使われる頻度が年々増していっているように思います。

 

おそらく今後もドンドン使われるはずですので、覚えておきましょう!

お読み頂きありがとうございました!

 

ラップ用語・HIPHOP用語の意味や使い方の解説記事まとめ!【随時更新】

2017.09.27

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA