hater/ヘイターとは?意味や使い方を解説!【ラップ用語・HIPHOP用語】

この記事では、ヒップホップにおいて多用される用語「hater/ヘイター」について解説します!

SNS時代の昨今では、特によくお目にかかるワードになっていますので、チェックしてみてください!

 

hater/ヘイターとは?意味を解説

 

haterの元になっているのは、英語の「hate/ヘイト」。

近年ニュースなどでも耳にする機会の多い、あの「ヘイト」です。

日韓問題などでは特に、超頻出ですね。

 

一応説明しておくと、hateは「憎む」「憎悪する」という意味で、

ヘイトスピーチは「憎悪表現」なんていう風に訳されたりもしますね。

 

なので、haterの直訳は「憎む人」「憎悪する人」になります。

love→loverと同じ構造ですね。

 

ただ、HIPHOP・ラップで「ヘイター」というワードが使われる場合は、

「嫉妬する人、その上で相手の足を引っ張る人」といったニュアンスが主です。

 

「相手を心底憎んでる」というような、「ヘイト」というワードが元々持っているシリアスさからはかなり距離がありますし、

相互間に、民族的な問題など容易には解決出来ない根深いファクターがあるというケースは稀です。

 

めちゃくちゃざっくり言ってしまえば、HIPHOP・ラップにおけるヘイターは、いわゆる「アンチ」。

 

冒頭にも書きましたが、SNS全盛の現代においては、

ラッパーをはじめとする有名人には全員ヘイターが存在していると言ってもよく、

そこに対してどういうスタンスを取るかというのも人それぞれです。

 

また、近年ではネットにおける「炎上」が話題に上ることが何かと多いですが、

「ヘイター」が過剰に反応することでそういった事態を引き起こしていることも少なくないですね。

ヘイターの使い方

使い方としては、ある意味「そのまんま」なのですが、

具体的に使われている例を1つご紹介しておきます。

韻踏合組合の「一網打尽」から。

他の用語説明でもこの曲をけっこう取り上げてますが、

色んな用語が使われているんで、非常に助かっております。笑

 

サビで「リスナー ヘイター ビッチも同じ 1人残らず一網打尽」と歌われています。

 

いちいち説明するのは野暮だという前提で一応書いておくと、

「俺らに対してどんなスタンスの奴らであろうが、どんな人種の奴らであろうが、俺らが圧倒する」

「アンチの奴らだって、俺らに興味が無い奴だって、俺らのラップで一撃で黙らせてやる」

っていうような意味合いですね。

 

まとめ

 

以上、ヘイターの意味や使い方、周辺知識に関する説明でした!

近年では、HIPHOP・ラップ以外のジャンルでも使われるケースが増えているので、

覚えておきましょう!

 

お読み頂きありがとうございました!

 

ラップ用語・HIPHOP用語の意味や使い方の解説記事まとめ!【随時更新】

2017.09.27


【このサイトに来てくれたアナタは一度覗いてみる価値アリ!】


だいぶクールなヒップホップアクセサリー専門ブランド「KRKC&CO」


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA