ナーミンとは?意味・具体例・使い方を解説!【ラップ用語・HIPHOP用語】

この記事では、ヒップホップにおいて多用される用語「ナーミン」について解説します!

けっこうよく出てくるので、是非チェックしてみてください!

 

ナーミンとは?意味を解説

 

ナーミンは、英語でこれに相当する単語があるわけではなく、ある一節を略した略語になります。

その元々の一節が「(You know) what I mean?」です。

 

これが縮まったのが「ナーミン」になります。

かなり強引な気はしますが。笑

歌詞カードにはそのまま英語で書いてある場合もあると思います。むしろそっちの方が多いかも?

また、You knowを略さずに「ユーナーミン」と発音&表記している場合もありますね。

 

ちなみに、この記事を書いていて思い出したんですが、

イギリスのロックバンド・OASISの曲でこういうのがあります。

 

いや、基本的には思い出したから貼っただけなんですが、笑

要は「このフレーズ(元のやつ)が使われるシーンっていうのは何もラップに限った話ではないようです」

ということを言いたかったんだと思われます。笑

 

意味としては「俺の言ってること分かってんの?」っていう感じですかね。そのままです。

 

曲やバトルなど、色んな場面で相手やリスナーを煽ることが多いヒップホップにおいて、

このフレーズが頻出するのも頷けます。

ちなみに、前述のOASISにも

「地方でうだつのあがらないガラの悪い若者たち」という出自がありますから、

ある意味ラッパー達と近い感情の元、「You know what I mean?」というフレーズを使っていると言えるかも!

 

 

ナーミンの具体例

 

近年の楽曲で有名なのは、韻踏合組合の「一網打尽」でしょうか。

エローン/Erone(ラッパー)のWiki風プロフィール!身長は何cm?

2017.06.07

 

サビに繰り返し「ナーミン」が出てきます。

 

この曲に限らず、

「言ってること分かってんのか?」から一周回って(?)

 

「お分かり?」→より丁寧だからこそ、逆に煽ってる感が増すやつ

または

「分かってんだろ?」→煽りというよりむしろ、客との一体感を強調する

 

みたいなニュアンスもあるかなと!

ちなみに「一網打尽」に関しては、その両方の意味合いを含んでる感じですね。

 

まとめ

 

「ナーミン」はある意味かなりベタなヒップホップの表現で、

使い方を間違うとダサくなりますが、

上手いこと使えばリスナーのハートをがっつり掴めるフレーズでもあります。

 

その他の用語もチェックしてね!

お読み頂きありがとうございました!

 

ラップ用語・HIPHOP用語の意味や使い方の解説記事まとめ!【随時更新】

2017.09.27


【このサイトに来てくれたアナタは一度覗いてみる価値アリ!】


だいぶクールなヒップホップアクセサリー専門ブランド「KRKC&CO」


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA