flow/フローとは?意味や具体例を解説!【ラップ用語・HIPHOP用語】

この記事では、ヒップホップにおいて多用される用語「フロー/flow」について解説します!

超・超重要なワードであり、概念なので、必見です!

 

フローとは?意味を解説

 

フローは英語でflow。

日本語ではフロウなんていう表記をしたりもしますが、、

英語のflowはとにかく意味が多いです。

 

ざっと挙げただけでも、

(絶え間なく)流れる、流れ出る、わき出る、流れるように動く、

流れるように通る、すらすらと流れ出る、流れるように垂れる、風になびく、巡る、通う

 

などなど。。

 

一見絞りきれませんが、「なめらかに流れる」というニュアンスが根底にあるのが「flow」です。

英語ブログみたいになってきましたが、大まかな意味はそんな感じで、ラップで使われる場合もかなり近いニュアンス。

 

簡単に言えば、「ラップのメロディーみたいな要素」をフローと呼びます。

 

ラッパーごとに違うフロー

 

ラップは厳密に言えば歌ではないわけですけど、

リズムの取り方や言葉のはめ込み方などはラッパーによって違うんですね。

ラップに詳しくない人からみれば、みんな同じに聞こえるのかもしれませんが、

フローが全く同じのラッパーはいないと言っていいくらい!

 

これは、敢えて他のラッパーと違うフローをするために変則的なフローを目指した結果というよりは、

みんなナチュラルに違ってくる、もしくはそれぞれ初めから違っているという側面の方が強いです。

 

不思議なものですが!

 

いずれにせよ、フローというのはラップにおいて非常に重要な要素であるだけに

フローがかっこいいかどうかというのは、ラッパーを評価する際の基準として非常な大きな要素になってきます。

「何を言ってるか分からないけど、とにかくフローがカッコ良すぎるからOK」なんていうケースもありますね。

 

フローの違いというものを理解するには、R指定先生がもってこいの曲を作ってくれてます。

 

この曲では、R指定が意識的に他のラッパーのフローのスタイルを模倣しています。

ややデフォルメし過ぎている感もありますが、(というかそういうコンセプトなので)

その分、ラッパーによって全然フローが違うということを理解しやすいはずです。

(達者なR指定だからこそ出来る芸当!)

 

フローが全然違うけど、両方かっこいいという対比動画!

 

 

まとめ

 

大げさに言えば、ラップとそうでないものを分かつのはフローの有無と言っていいくらい!

そして、ラッパーの数だけフローがあり、楽しみ方があると言えます。

 

トリッキーなフローで湧かせる人もいれば、無骨なフローで渋さを醸し出す人もいて、

まさに「みんなちがってみんないい」ということなのであります!

(好き嫌いは分かれて当然ですが!)

 

フローを楽しめるようになると、ラップの魅力は何倍にも増幅しますので、

是非色々聴いてみてください!

 

お読み頂きありがとうございました!

 

ラップ用語・HIPHOP用語の意味や使い方の解説記事まとめ!【随時更新】

2017.09.27


【このサイトに来てくれたアナタは一度覗いてみる価値アリ!】


だいぶクールなヒップホップアクセサリー専門ブランド「KRKC&CO」


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA