verse/ヴァースとは?意味や使い方を解説!【ラップ用語・HIPHOP用語】

この記事では、HIPHOP・ラップにおいて多用される

「ヴァース」という用語の意味について解説していきます!

超頻出用語の1つなので、要チェック!

verseの意味や使い方

 

verseは日本語にすると、以下のような訳になります。

(文学形式としての)韻文、(ある作家・時代・国などの)詩歌、(特定の格調をもった)詩の 1 行、詩句、(1 編の)詩、詩編、(歌の)節、詩形、詩格、詩節

 

なんかちょっとややこしげですが、ヒップホップにおいて使われる場合は、

これらの訳が全部当てはまるようなイメージです。

ちなみに、日本語読みでは「バース」とも書けますが、

あくまでも「ヴァース」とするのが一般的!

 

1番分かりやすく言えば、

上の訳の中の「韻文(韻を含んだ文)」「詩の一行」あたりが当てはまります。

 

ただ、ヴァースというフレーズは、

楽曲・バトル・フリースタイルなど様々なシーンで使われるのですが、

必ずしも単独の「1文」のみを指して使われるわけではないです。

 

むしろ、最近では、ある人がラップする(した)小節を丸ごと指して、

「○○(ex.R指定)のヴァース」っていう使い方が一般的になっていますね。

 

ある人がラップするターン・箇所があるとして、

その中身全てをヴァースと呼ぶケースもあれば、

その中の1文もしくは複数行を指してヴァースと呼ぶこともあるという感じ。

ある程度以上の年数ラップを聴いてきて、

感覚的には意味を完全に理解しているつもりですが、いざ説明しようとすると難しい、、今更やけど、、

 

まぁ要はかなり大雑把というか、解釈の範囲に幅がある曖昧な概念になっていますが、

「誰々のヴァース」という使い方をすれば、「知ったかぶり」のレッテルを貼られる心配はまず無いはず!

「誰々が歌っている(ラップしている)部分」というくらいの意味に捉えて頂ければ!

「D.Oのヴァース超かっけー!」ってな感じ。

ちなみにMCサーモンの‘ヴァース’も漢さんぽくてイカしてます。

 

 

ラップ用語・HIPHOP用語の意味や使い方の解説記事まとめ!【随時更新】

2017.09.27

M-1優勝!とろサーモン久保田のラッパー名義・MCサーモンをご紹介!

2017.12.07


【このサイトに来てくれたアナタは一度覗いてみる価値アリ!】


だいぶクールなヒップホップアクセサリー専門ブランド「KRKC&CO」


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA