超かっこいいのに超無名なデンマークのアシッドジャズ×ラップの曲を布教したい。

アシッドジャズっていう一時期流行ったジャンル。

ざっくり言ってしまえば、ファンクやソウルの要素を加えた、より躍動感を強調したジャズ。

世界的に有名なのはJamiroquai/ジャミロクワイとか、Incognito/インコグニートとか。

 

最近の日本では、Suchmos/サチモスが近い音楽性でヒットを飛ばしてますが、

 

個人的にそのジャンルで最強だと思っている曲があるので、布教したいと思います。

 

ご紹介するのは、デンマークのミュージシャン・Morten shantz/モルテン・シャンツが率いるユニット、

その名もMorten Shantz Segment/モルテン・シャンツ・セグメント。

おそらく世界的にも全く無名なのですが、そのことに10年以上ムカついてるのでご紹介しますw

 

この記事でご紹介するのは、彼らが2004年に発表したアルバム「Segment/セグメント」の

2曲目に収録されている楽曲、「Herbie’s Habit/ハービーズ・ハビット」です。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA