M-1優勝!とろサーモン久保田のラッパー名義・MCサーモンをご紹介!

MCサーモンとは?

 

2017年のM-1で見事優勝を果たした実力派漫才コンビ・とろサーモンのボケ担当・久保田和靖のラッパー名義です。

Abema TV「NEWS RAP JAPAN」などで、本格的な(?)ラップを披露しています。

 

MCサーモンの功績?

 

「芸人がラップ」というと、ミニコント的な流れの中で茶化して使う方法論ばかりになってました。

「チェケラッチョ」って言っておけばいいみたいな感じで。

そういう流れが「ラップはダサい」というパブリックイメージを助長させた部分は否めないと思います

そういう見せ方しか出来なかったラッパー側にも問題はあったんだと思いますが、

ラップに対するリスペクトが感じられない取り入れ方をする芸人がむちゃくちゃ多かったので、

個人的には腹立たしかったです。

 

その点、とろサーモン久保田はヒップホップをはじめ、

サブカル全般に対する理解がある人なので、「芸人のお遊び」以上の魅力があると思います。

かつて、とろサーモンで「ビートボックス漫才」なるネタもやってましたしねw

もちろん、本職のラッパーと比べた場合、スキル的には大きく見劣りしますが、

ヒップホップマナーをある程度踏まえてラップしてる分、他のなんちゃって芸人ラップとは一線を画してますし、

彼ならではのクレイジーな切り口からのラップはなかなか面白いです。

ラップって結局「思想」だよなって思うことが多くなりました。

通り一辺倒のありふれた考え方、物の捉え方しか出来ない人間には、

どうやったって他とは違うラップは出来ないと言いますか。

 

L-VOKAL – ケペラギ2 feat. CK, D.O, とろサーモン(久保田 aka MCサーモン)prod by JiN

フリースタイルこそ拙さが少し目立ちますが、音源ではもう普通にラッパーですw

 

今後地上波でこのテイストを出していく局面が訪れるかどうかは分かりません。

ですが、最近の久保田さんを観ていると、

ラップをやっていたからこそ芸の幅がより広がる→芸の幅が広がったからラップもより面白くなっていく、、

という正のスパイラルを描けていた印象が強いので、

露出が増えていってもMCサーモンとしての活動はやめないで欲しいなと思います!



【このサイトに来てくれたアナタは一度覗いてみる価値アリ!】


だいぶクールなヒップホップアクセサリー専門ブランド「KRKC&CO」


1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA