ぱんちラインとは?意味や成立条件について解説!【ラップ用語・HIPHOP用語】

この記事では、ヒップホップにおいて多用される用語「パンチライン」について解説します!

ラップでは超頻出用語なので、是非チェックしてみてください!

(「ぱんちライン」で検索されている方があまりに多かったので、記事タイトルに反映しましたが、正しくは「パンチライン」です! 正直どっちでもいいけど!)

パンチラインとは?

英語ならPunchlineもしくはPunch Line。

海外では「(ジョークなどの)オチ」の意味。

 

ヒップホップ用語の「パンチライン」は場合は原義からは少し離れて、

「印象的な部分」というくらいの意味になります。

 

ただ、実際にはその意味に加えてさらに、

「Punch」という言葉のニュアンスがもうちょっと乗っかってくる感じです。

「Punch」は文字通り「パンチ」で、衝撃、打撃といった意味合いがあり、

  • 観衆やリスナーに対して「衝撃」を与える
  • 対戦相手に「打撃」を与える

というようなフレーズをパンチラインと呼ぶ傾向があります。

「Line」には「行(ぎょう)」という意味があり、パンチラインの「ライン」はそれです。

ですから、「衝撃的な1節」くらいがパンチラインのヒップホップ的和訳になるはずです。

パンチラインの成立条件

では、どういったフレーズがパンチラインにあたるのかということについて、少し解説していきます。

上に書いたように、「衝撃を与える一節」がパンチラインなのですが、

「何にどれくらい衝撃を感じるか」は、究極を言ってしまえば個々人の主観になってきます。

 

ですので、別に「こういうフレーズならパンチラインで、そうじゃなければパンチラインとは呼べねェ!」

というものでもないんですが、敢えて条件を挙げるとすれば、

フレーズのオリジナリティーは、パンチラインの成立条件として必須だと思います。

 

それは何も、個性的な言い回しをしているかどうかというお話だけではありません。

そのラッパーの個性が強く出ているフレーズであったり、

シンプルな表現であっても、「そのラッパーがそのタイミングで言うからこそ響く!」というようなフレーズ

パンチラインと呼ぶにふさわしいです。

 

逆に、そのフレーズを放つタイミングが絶妙だったしても、

「そいつじゃなくても出来る言い回し」であれば、

それはただの「上手いアンサー」であって、パンチラインとは呼べない気がします!

 

とはいえ、しつこいですが、そこまで堅苦しく考える必要があるわけでもなく、

「自分だけがパンチラインだと感じるフレーズ」みたいなものがあっても全然良いと思います!

まとめ

若干まとまりに欠ける記事になってしまったかもしれませんが、

なんとなくお分かりいただけたでしょうか?

 

「いかに最高なパンチラインを生み出せるか」という部分はラッパーの腕の見せどころであり、

素晴らしいパンチラインであれば、以降ずっと語り継がれるようなものになっていきます。

リスナー側としても、良いパンチラインに出会えれば出会えるほど、ラップを聴くのが楽しくなってくるはずです!

お読み頂きありがとうございました!

ラップ用語・HIPHOP用語の意味や使い方の解説記事まとめ!【随時更新】

2017.09.27

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA