スタイルウォーズ・ストロングスタイルとは?意味や使い方を解説!【ラップ用語・HIPHOP用語】

この記事では、HIPHOP用語のストロングスタイルとスタイルウォーズの意味について解説していきます!

どちらも頻出のワードなので、チェックしてみてください!

 

ストロングスタイルとは?意味を解説

 

「HIPHOP用語」と書きましたし、現在では様々なシーンで使われるようになった用語ですが、

元々は主にプロレスで使われていたものです。

そこからラップに対しても用いられるようになり、定着したという流れです。

 

辞書的な意味で言うと

「強さ」による実力主義を前面に打ち出したスタイル及びコンセプトの総称

wikipedia

 

分かるような分からんようなといった感じですが、、

僕なりの見解を書いておくと、

「小手先のスキルや戦法で交わすのではなく、そのジャンルで王道とされているやり方で圧倒する」

のがストロングスタイルだと考えています。

 

王道ど真ん中であるがゆえに、その人の実力が如実に浮かび上がるし、

内野にも外野にもごちゃごちゃ言わせない説得力が出てくるといったフィーリング。

2ちゃんねる用語(?)で言う「大正義」というワードにも近いニュアンスがあると思います。

 

まぁ、言葉だけではちょっと分かりづらい部分もあるかもしれません。

KREVAの楽曲で、その名もずばり「ストロングスタイル」という楽曲がありますので、聴いてみましょう!

なんかこう、「俺は真っ向勝負でいくぜ」感が「ストロングスタイル」。

 

 

スタイルウォーズとは?意味を解説

 

スタイルウォーズは、ラップバトルが盛り上がるにつれて、目にする機会が増えてきた用語ですね。

英語で書くなら「style wars」。

 

意味としては、文字通り「スタイル同士の戦い」で、

主義の異なるラッパーが相まみえるのが「スタイルウォーズ」です。

 

ラッパーという生き物は皆、自分のスタイルに絶対の自信を持っています。

分かりやすい例で言うと、活動初期から一貫してずっと押韻至上主義を謳っているFORK。

 

韻を踏むことはラップにおいて絶対不可欠な要素とまでは言えないわけですが、

彼の場合、「ライム」はラップにおいて欠かせない要素で、

自分のラップの中心には常に「ライム」を置きたいと考えています。

ライムとは?意味を解説!【ラップ用語・HIPHOP用語】

2017.09.15

Ice BahnのFORKについてご紹介!モンスターになるずっと前からヤバいラッパー!

2017.08.10

 

対して、例えば呂布カルマ。

呂布の場合、無理に韻を踏むこと、過剰にそこにこだわることはクールではないと考えています。

韻を踏むこと自体が目的化してしまっているようなラッパーもいますが、

呂布からすればそんなのは滑稽だと考えている。。

フリースタイルダンジョン2代目モンスター・ラッパーの呂布カルマについて!

2017.08.15

Forkは韻と文脈をばっちり合わせた上で、ラップとしてもカッコイイ表現が出来ますが、

それでも呂布からすれば「無理矢理」には映るはず。

 

こういう2人がラップバトルをする場合、

互いのスタイルの素晴らしさや正当性をぶつけ合ったり、

相手のスタイルの欠陥や下らなさをディスり合う試合になることが多いです。

 

ただ、正直、スタイルウォーズに正解はありません。

別にどっちが偉いとか凄いとか、そういうものではないです。

 

ただ、哲学同士のぶつかり合いなので、必然的にアツいバトルになりやすいです。

 

また、全く突っ込みどころのないスタイルというのはなかなかありません。

そして、「こう突っ込んで来られたら弱いな」という、そのスタイルの泣き所みたいな部分もそれぞれあります。

 

なので、「このスタイルウォーズは先攻の方がそもそも不利やな、、」

みたいなスタイル同士の噛み合わせの妙もありますね!

 

ラップ用語・HIPHOP用語の意味や使い方の解説記事まとめ!【随時更新】

2017.09.27


【このサイトに来てくれたアナタは一度覗いてみる価値アリ!】


だいぶクールなヒップホップアクセサリー専門ブランド「KRKC&CO」


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA