変幻自在フローの天才ラッパー・鎮座DOPENESSについて!

鎮座DOPENESSは東京都調布市出身のラッパーです。

ソロとしてだけではなく、

KOCHITORA HAGURETIC MC、KAKATO、DOPING BANDなど幅広い活動を見せている鎮座について、ご紹介していきます!

 

ラップスタイル

 

ラッパーというとどうしても、キャリアを重ねるうちにある程度フローの種類が限定されてくるというか、

形式的になっていく側面があると思います。

flow/フローとは?意味や具体例を解説!【ラップ用語・HIPHOP用語】

2018.01.16

 

ですが、鎮座DOPENESSの場合、本当に自由です。

全く一緒のフローをすることはほぼ無く、聴くたびに新たな発見がある感じ。

それゆえ、何年もシーンにいるにも関わらず、彼の純粋なフォロワーというのは出てきていません。

 

ラッパーには色んな評価軸がありますが、リズム面に関して言えば、彼が日本一だと思います。

というか、世界中見渡しても、彼くらいリズム面で自由な人ってそういないと思えるくらい。

 

ラップはそんなに興味は無いけど、鎮座は違う、、という感じで、

パーカッションをやっている人にもファンが多い印象です!

 

鎮座のエグいスキルを堪能出来る動画はいくつかありますが、イチ押しはこれ。

アメリカのテレビ番組で文字通りブチかましておられます。

マジで凄いので、絶対見て欲しい!

フローの種類が少ないラッパーがダメかというとそういうわけではないんですけどね!

その人の癖みたいな部分がそのラッパーの個性になっていきますから!

おすすめ楽曲

かっこいいんですが、やっぱり鎮座は音源がちょっと弱いかな~パフォーマーとしては超一流なのですが!

どちらかと言えば、音源ではその破格のスキルをセーブしがちなので、

リミッター解除した楽曲をもっと増やして欲しいな~。

 

「鎮座DOPENESSの楽曲を聴きまくりたい!」という方には

Amazonの聴き放題サービスが30日間の無料体験も出来る上に4000万曲が聴き放題で超便利!

僕も大変お世話になっております!

 

フリースタイルダンジョンには出ない?

 

鎮座はこれまで、ラップバトルにもけっこう出てきましたし、戦績も残しています。

そして何より、シーン屈指の実力者だけに、

今流行りのフリースタイルダンジョンに出ないのか?という声は多く上がっています。

 

ただ、これに関しては鎮座がライブなどでのラップで「出ない」と明言しています。

元々、彼は流行りごとにはあまり関心がないスタンスだったとは思いますが、コアなファンからはさらに株を上げた印象があります。

出ないことが良いことなのかどうなのかは分かりませんが、「あんたはそういうのじゃなかったやろ?」という人までバンバン出まくってますからね。

 

硬派な鎮座にこれからも期待しましょう~!!

後述:ライブ出演ですが、ダンジョンには出ましたw

 

Ice BahnのFORKについてご紹介!モンスターになるずっと前からヤバいラッパー!

2017.08.10


【このサイトに来てくれたアナタは一度覗いてみる価値アリ!】


だいぶクールなヒップホップアクセサリー専門ブランド「KRKC&CO」


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA