レペゼンとは?Wikiが無いから意味や使い方を解説!【ラップ用語・HIPHOP用語】

この記事では、ラップ・HIPHOPにおいて多用される用語「レペゼン」について解説します!

音源でもバトルでも超頻出のワードなので、是非チェックしてみてください!

 

レペゼンとは?

 

原語は英語の「represent」になります。

 

なので、スペル及び元々の発音を考えれば、

本当は「レプリゼント」にならないとおかしいわけですが、

それが縮まって「レペゼン」という表記、呼び方が一般的になりました。

 

レペゼンとは?意味を解説

 

「represent」は動詞で、英単語としての元々の意味は、「代表する、象徴する」です。

 

ラップ用語の場合、原義とやや違った意味で使われているものも多いですが、

「レペゼン」の場合は原語とほぼ同じ意味で使われていると捉えてもらっていいと思います!

 

レペゼンの使い方

 

レペゼンの使い方はいくつかパターンがありますが、

1番多いのは、「レペゼン+地名(≒出身地)」のパターンですね。

 

自分の地元や、活動している地域がアイデンティティーの一部になっていて、

そこに対して特別な思いを持っているラッパーはとても多いです。

なので、バトルでは特にかなりの頻度で出てくるフレーズになってきます。

 

例えば、「俺はレペゼン新宿!」。

「俺は新宿代表!」「俺こそが新宿の象徴!」っていう感じです。

 

そして、都会出身のラッパーはもちろんですが、

地方出身のラッパーの場合は特に、

「あいつら(地元の仲間)の魂を背負ってきた!」

「生まれ育った地元を愛している!」

という思いが強い人が多いので、「レペゼン」の使用率も非常に高くなります。

 

また、「レペゼン+自分の所属しているクルー・グループまたはコミュニティ」という形もあります。

例えば、R指定はレペゼン梅田サイファーであり、レペゼンCreepy Nutsって感じですね。

祝メジャーデビュー!R指定とDJ 松永の要注目ユニット・Creepy Nutsについて!

2017.08.01

 

ちなみに、最近ではYoutuberの「レペゼン地球」という方もいらっしゃいます。

この方は「地球代表!」ってことです。笑

こういう風な使われ方の場合、「地球万歳!」みたいなニュアンスもありますね。

created by Rinker
¥200 (2019/07/20 19:48:12時点 Amazon調べ-詳細)

 

「レペゼン」は元々ラップ・HIPHOPのシーンで主に使われる表現だったはずですが、

今ではジャンルを超えて色々な場面で使用されるケースが増えています。

 

「それだけ、ラップ・HIPHOPのシーンでよく使われている表現である」

ということの裏返しとも言えるかと思います!

 

まとめ

 

「レペゼン」は超頻出フレーズで、嫌というほど耳にしますが、

ラップを知らない方からすれば「なんじゃそれ」って感じかもしれません。

 

一旦分かってしまえば簡単なので、覚えておきましょう!

 

気になった方は、他の用語もチェックしてみてね!

 

ラップ用語・HIPHOP用語の意味や使い方の解説記事まとめ!【随時更新】

2017.09.27

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA