僕のヒップホップ好きの原体験となった海の向こうの楽曲3選!

この記事では、僕がヒップホップにハマるきっかけになった楽曲を紹介します!

どんな奴が書いてるか分かった方が良いと思うので、超ジコマン記事になりますが!

 

僕のヒップホップ原体験3曲

Fortress Europe/Asian Dub Foundation(フォートレス・ヨーロッパ/エイジアン・ダブ・ファウンデーション)

 

「どんだけフジロック来ますのん?」でお馴染み(?)、イギリスのエレクトロニカ集団・Asian Dub Foundation。

 

彼らのキャリアの中でヒップホップ色が濃かった時代のキラーチューン。

扇動的なトラックとドライブ感のあるラップが格好良くてめっちゃ聴いてました。

当時行ってた美容院の担当の人が音楽好きで教えてもらいましたw

今の基準で聴くと踏み方もフローも単調ですが、この曲にしかない良さは色あせてないと思いますね。

Without Me/Eminem ウィズアウト・ミー

超ベタなチョイスですが、僕は直撃世代なので彼を避けては通れません。

ところで、この曲をはじめエミネムの初期は特に、びっくりするくらいビートが単純です。

普通で言えば「だからつまんない」という評価になるところ。

 

しかし、彼の場合「なのにラップがめっちゃ自由」というパラドックスを生んでしまうという、

スキルとユーモアのハイレベルな融合が素敵です。

(とはいえ、「ビートに凝る気は皆無だったの?」と思ってしまうくらいの単純さですが。。)

Love Hater/OutKast ラヴ・ヘイター/アウトキャスト

この曲はラップではないのですが、(彼らはラップもメインでやってるのに)

いわゆる「黒っぽい音」を1番最初に体感した曲で、当時かなり衝撃を受けました。

 

「日本人にはどうやっても出せないニュアンスっていうのはあるんだな」と中学生の僕に教えてくれた曲。

彼らの作品の中では全然フィーチャーされてない曲だと思うんですが、それがマジで信じられない。

このアルバムからの大ヒット曲「Hey Ya!」の何倍も凄い曲。

超クール!

YouTubeには落ちてるから聴いてみて!


【このサイトに来てくれたアナタは一度覗いてみる価値アリ!】


だいぶクールなヒップホップアクセサリー専門ブランド「KRKC&CO」


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA