バイブスとは?意味や具体例を解説!【ラップ用語・HIPHOP用語】

最近では、ラップ以外のシーンでも「バイブス」というワードが比較的よく使われるようになっていますね。

(ちょっとネタっぽく扱われている節はありますが、、)

ラッパー自身の資質や、バトルの善し悪しを測る上でも、非常に重要な要素なので解説します!

 

バイブスとは?意味を解説

 

バイブスは、英語で書くと「Vibes」。

「Vibe」は辞書的な意味では「本能的に経験される特有の感情的な雰囲気」となっています。

そのままだとさすがにちょっと意味が掴みづらすぎるので、詳しく後述します。

Vibes」なので、正確には「ヴァイヴス」と書くほうが正しいはずです。最近まではその表記が一般的だったように思うのですが、近年では「バイブス」と表記されるケースが増えているように思います。

 

ラップでの使われ方

 

分かりやすく言うと、言葉(ラップ)の勢いや熱量という風に言い換えられると思います。

日本語的な言い方で言うなら「言霊」という感じでしょうか?

 

同じ言い回しでも、勢いや熱量が違うと聞こえ方が全く違うという例は日常生活でも経験があるかと思いますが、

ざっくり言ってしまえば、そういう感じです。

 

ラッパー自身のスタイルや、バトルでの言葉の出し方に

見る者聴く者を圧倒させてしまうような勢いや熱量が存在する場合に「バイブスが凄い」という風に使われます。

逆に冷静沈着なスタイルであっても、内に秘めた熱量や首尾一貫したフィロソフィーを感じさせるようなラッパーにであれば、「バイブスが凄い」と評したりもします。

 

分かりやすいシーン

 

近年のバトルで1番分かりやすい例は、フリースタイルダンジョンの焚巻と般若の試合になるでしょうか。

チャレンジャーがはじめてモンスター4人を倒し、ラスボス般若までたどり着いた試合です。

ラウンドが進むにつれ般若の気合が充填され、魂の叫びが内から出てくる、、バイブスはそんな感じのニュアンス!

 

一方、同じダンジョンの試合で言うなら、R指定VS晋平太、もしくはR指定VS KOPERU。

R指定のプロフィール!最強の天才ラッパー!KOPERUとの関係は?

2017.07.01

フリースタイルならR指定以上?晋平太のプロフィールやラップスタイルをチェック!

2017.12.21

R指定の元相方!ラッパー・KOPERUについてWiki風にご紹介!

2017.10.01

 

R指定はもちろん実力のあるフリースタイラーですが、

その2試合では「そもそも特に言いたいことがない」という状態だったので、最後まで乗り切らずに終わってしまっています。

普段の彼に比べると「バイブスが足りない」、不完全燃焼のバトルになっていました。

みんな人間なので当たり前なんですが、R指定は特に、そういった部分がモロにパフォーマンスに出てしまうフリースタイラーですね。逆に言いたいことがある時の彼は無敵です。

 

まとめ

 

ラップを聴き始めたばかりの方にはなかなかしっくりこないかもしれませんが、

色んなMCを知る内に徐々にその意味合いが分かってくるのではないかな~思います!

 

曖昧な表現であることは確かですが、

知れば知るほど「これバイブスがイマイチやな」「バイブスすげーな」というのは瞬時に分かるようになりますので、

注意して聴いてみましょう!(ていうか「注意せずとも伝わるもの」こそバイブスとも言えますが!)

 

お読み頂きありがとうございました!

 

ラップ用語・HIPHOP用語の意味や使い方の解説記事まとめ!【随時更新】

2017.09.27

Ice BahnのFORKについてご紹介!モンスターになるずっと前からヤバいラッパー!

2017.08.10


【このサイトに来てくれたアナタは一度覗いてみる価値アリ!】


だいぶクールなヒップホップアクセサリー専門ブランド「KRKC&CO」


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA