サイファーとは?意味や語源を解説!【ラップ用語・HIPHOP用語】

この記事では、サイファーというラップ・HIPHOP用語について解説していきます!

ラップの面白さを体現している一要素が「サイファー」ですので、チェックしてみてください!

 

 

サイファーとは?意味を解説

 

定義としては色んな言い方が出来るとは思いますが、

端的に言うと「路上などの屋外でフリースタイルラップをすること」です。

 

バトルが行われる場合もありますが、どちらかと言えば楽しむためにやっているケースがほとんどですね。

 

リズムマシンやマイクなどを持ち込むこともありますが、

ボイスパーカッションと生声だけでやることも多いです。

(完全にアカペラでやることもありますね!)

 

ラップが好きな人間・やりたい人間さえ集まれば、

道具など一切なしで出来るという原始的なところもサイファーの魅力の1つと言えます。

 

また、英語で書くと、Cypherまたはcipherとなります。

意味については、辞書の上では

① 数字の零

② 暗号

となっています。

 

、、イマイチしっくり来ませんが、おそらくは②が語源となっているものと思われます。

「俺らにしか分からない‘ラップという暗号‘で会話する」くらいの感じでしょうか。

語源に関しては、確信は持てません。笑  すまぬ!

 

場所は?

 

基本的には屋外でやることが多く、駅前や公園など、様々な場所で開催されています。

 

「開催」されている場合も多々ありますが、究極的には自然発生的に行われるのがサイファーかも!?

 

数年前までは代表的なサイファーである梅田サイファーなど、

ごく一部の場所のみで行われてきましたが、

フリースタイルダンジョンのヒットによってフリースタイルラップが広く知られるようになってからは

非常に多くの場所で開催されるようになっています。

 

梅田サイファーや渋谷サイファーのように、「地名+サイファー」という呼び方をするのが一般的です。

例「磯野ー!新宿サイファー行こうぜー!」

 

まとめ

 

サイファーと一口に言っても色々あるので、

定義付けは難しい部分もありますが、ある程度お分かり頂けたでしょうか?

 

バトルはあくまでフリースタイルラップの中の1ジャンルに過ぎないので、

色々興味を持ってもらえるとさらに楽しめるはず!

お読みいただきありがとうございました!

 

祝メジャーデビュー!R指定とDJ 松永の要注目ユニット・Creepy Nutsについて!

2017.08.01

梅田サイファーとは?場所はどこでいつやってる?R指定も輩出!

2017.08.22

ラップ用語・HIPHOP用語の意味や使い方の解説記事まとめ!【随時更新】

2017.09.27

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA