ダンジョンで名を上げた沖縄ラッパー・CHICO CARLITOについて!

この記事では、沖縄出身のラッパー・CHICO CARLITO/チコ・カリートについてご紹介していきます!

フリースタイルダンジョンで鮮烈なデビュー

全国的にはほぼ無名の状態ながら、Abema TV「フリースタイルダンジョン」にチャレンジャーとして出演。

モンスター相手に善戦し、その存在を強烈にアピール。

 

特にR指定とのバトルでのグルーヴ感は抜群で、新たなスターの誕生を期待させてくれました。

また、身長158cmという小柄な体型も、むしろ彼のキャラを印象付ける武器になっている感があります。

(R指定とのバトルでは、噛んでしまったのが残念でした。そこを含めて完璧に突いてきたR指定が流石という感じでした。)

R指定のプロフィール!最強の天才ラッパー!KOPERUとの関係は?

2017.07.01

 

その後、ダンジョンの隠れモンスターとして定着しました。

一時期負けが込んでネタ扱いされていましたが、

チコのラップがダメになったわけではなく、ずっと良いラップはしていたんですけどね。

 

でも、彼はバトル出身のMCではないので、

「勝ちきる」という部分でどうしても他のモンスター達に劣ってしまっていたんだと思います。

 

彼に限らず、そのあたりは難しいところ。名前を売るために出るのはいいけど、

「負けキャラ」のイメージがついてしまうのはラッパーとしてはかなり宜しくないわけで。。

1つ言えるのは、バトルというのはラップの一側面でしかないということです。

最近ラップを知った人にはそのあたりを理解してもらいたいですね!

 

おすすめ楽曲

C.H.I.C.O

チコ・カリート名義で正式にアップされた最初の楽曲です。

文字通り、名刺代わりと言える1曲で、管理人もヤラれました。めちゃかっこいいです。

 

この曲を聴いて「やっぱラッパーって声質が大事だよな~」と当たり前のことを再確認したのを覚えてます。

大半のMCは、そもそもこのグルーヴ感が出せないはずですからね。

 

Close / CHICO CARLITO prod.by MR.BEATS a.k.a. DJ CELORY

「C.H.I.C.O」を聴いて、イケイケ系の楽曲が彼のメインレパートリーだと思い込んでいたのですが、

どうやらチコの本質はこの「Close」に全開に現れているような、メランコリックな部分にあるようです!

 

ダンジョンの卒業後、本当の意味で真価が問われるのはこれからだと思います。

音源も間違いなくセンスがあるラッパーなので、今後も活躍に期待したいところです!

「Chico carlitoの楽曲を聴きまくりたい!」という方には

Amazonの聴き放題サービスが30日間の無料体験も出来る上に4000万曲が聴き放題で超便利!

僕も大変お世話になっております!

 



【このサイトに来てくれたアナタは一度覗いてみる価値アリ!】


だいぶクールなヒップホップアクセサリー専門ブランド「KRKC&CO」


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA