個人的に好きなフリースタイルラップバトル5選!

個人的に好きなラップバトルをあげていきます!

一般的にも名勝負とされているものばかりなので、観た事ないやつあったらチェックしてみてね!

非公式っぽい音源はアップしてません!ごめん!

YouTube上で検索したら落ちてるはずだから観てみてくれい!

 

個人的に好きなラップバトル5選

 

戦極MC BATTLE 第11章 KOPERUvsふぁんく

2015年に行われた戦極MC BATTLEからの1戦。

MCはKOPERUとふぁんく、DJはPekoという梅田サイファー人脈だらけの戦いは、

気心知れた仲だからこそ出来るユーモアあふれる掛け合いが満載の展開に!

 

特にKOPERUは、バトル後に「彼史上ベスト」との声が上がるほど、

ビビットなビートに完璧に乗った素晴らしいラップを披露!

ガチなバトルももちろん魅力的ですが、良い意味で肩の力が抜けたそれも素敵です。

R指定の元相方!ラッパー・KOPERUについてWiki風にご紹介!

2017.10.01

梅田サイファーとは?場所はどこでいつやってる?R指定も輩出!

2017.08.22

 

KAKATO (環ROY × 鎮座DOPENESS) VS 横浜体育 (オロカモノポテチ × RHYME BOYA)

変幻自在フローの天才ラッパー・鎮座DOPENESSについて!

2017.09.03

 

この2on2バトルは何といっても、取り憑かれたかのようにキレキレのラップを披露する環ROY。

近年ではすっかりフリースタイルからは足を洗ってしまったようですが、

彼は間違いなくシーンのトップランナーの1人でした。

 

「日本人でもここまで格好良くラップ出来るものなのか、、」と感銘を受けたことを覚えています。

これ2005年だからね!凄すぎ!

音源のセンスはあるから舐めちゃダメ!オロカモノポテチをご紹介!

2017.06.27

 

DARTHREIDER vs 崇勲 FROM フリースタイルダンジョン

ダンジョンから1試合選べと言われたら、良い試合山ほどあって困るけど、僕はこれです。

僕はこれで泣けます。ダースはラッパーとしては波があるし、

もしかしたらある程度フレーズも仕込んでいたのかもしれない。

 

けれど、ラストの彼の心の叫びは本当に美しかった。

余命宣告を受けてる彼が放つからこそ、言葉に命が宿っていた!

呂布カルマ vs 鎮座DOPENESS FROM LIVERARY LIVERA”P”Y in 森道市場2016

3分過ぎからの延長戦の呂布!鎮座も素敵なんだけど、完璧なワードセンスとアンサーでいなす呂布に軍配。

リズム的にも秀逸で、彼は本当に「言葉の置き方」が上手いMC。

 

鎮座のように日本人離れした感覚を持っているわけではないし、

テクニカルなフローでまくし立てるわけでもないのにめちゃクールなラップになっちゃうという、

音楽的センスに溢れた人。

 

変幻自在フローの天才ラッパー・鎮座DOPENESSについて!

2017.09.03

フリースタイルダンジョン2代目モンスター・ラッパーの呂布カルマについて!

2017.08.15

HIDA VS FORK UMB 2006

めちゃくちゃベタなチョイスだけど、個人的にやはりこれは外せないです。

Sランクのフリースタイラー同士だったHIDADDYとFORKが披露したどちらも一歩も引かない試合は、

今でも語り草になってますね。

 

僕はこれで完全にFORKにヤラれたんですよ。

彼のユーモアセンスと男としての色気。

押韻主義は既にスタイルとして確立されていて、

そりゃポッと出の若造MCがうかつなジャブ入れたら大カウンター喰らうよねっていう!

ライムとは?意味を解説!【ラップ用語・HIPHOP用語】

2017.09.15

Ice BahnのFORKについてご紹介!モンスターになるずっと前からヤバいラッパー!

2017.08.10


【このサイトに来てくれたアナタは一度覗いてみる価値アリ!】


だいぶクールなヒップホップアクセサリー専門ブランド「KRKC&CO」


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA