Meiso(外人21瞑想)の新曲「轆轤(Rokuro)」が超クール!

Meisoについて

Meisoは元々は「外人21瞑想」というネームで活動していたラッパーです。

ハワイ生まれの長身バイリンガルMCで、ホノルルと東京を拠点に活動しています。

 

彼はなんといっても、B BOY PARK 2003での優勝が未だに印象的です。

 

不気味なMCネームの長身バイリンガルで、存在感だけでも完全に異質。

それに加えて(当時としては)超絶的なスキルとイカれたヴァイヴス。

判定なんか必要ねえっていうくらいの圧倒的な優勝でした。

例えるなら、火縄銃の時代に1人バズーカを持って現れた的な、

ボーイズリーグで相手投手は大谷翔平的な、大げさじゃなくそんな感じでした。

 

以後の彼は、その勲章を武器にヒットチャートに喧嘩売るわけでもなく、

むしろ己の表現を追求するためにポエトリーリーディングを活動の中心にしていたようです。

 

ですが、ここ数年は再びラップに回帰。

つい先日発表された新曲も、最高にSICKでクールです。

 

哲学的でオリジナルなワードセンス・視点が素敵!

 

志人が完全にTABOO1を食ってる「禁断の惑星」は日本語ラップの金字塔の1つと言えますが、

「轆轤(Rokuro)」はそのアップデートヴァージョンという気もします。

 

徹底的な絶望を歌ったのが前者だとすれば、そこに「自己の更新による打開の決意」を加えたのが後者みたいな?

(「禁断の惑星」にもポジティブなフレーズが無いわけではないですが、

それもあくまでも投げやりというか、強烈な諦念が前提になってるはずです。)

 

 

ちなみに、今回の新曲のタイトルであり、

メインモチーフでもある「轆轤」はあの陶芸の「ろくろ」で、サビでその意味・仕掛けが明かされるます。

「それをそんな風に捉えるのはあなただけよ、、」という素晴らしいメタファーになってますので是非聴いてみてね

「Meisoの楽曲を聴きまくりたい!」という方には

Amazonの聴き放題サービスが30日間の無料体験も出来る上に4000万曲が聴き放題で超便利!

僕も大変お世話になっております!

 

 

志人(ラッパー)の経歴やラップスタイルをご紹介!早稲田出身の天才!

2017.09.27

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA